居酒屋で働く正社員ならば常識?店舗運営に必要な資格

居酒屋を運営していくためには必要な資格があります。
店長などの管理職が対象となることが多いですが、正社員として働くための知識としてご紹介します。

■食品衛生責任者

食品衛生上の管理運営に当たることを職務とし、飲食店を営業する場合には必ず各店舗毎に1名置くことになっています。

お店のオープン時には、保健所にこの食品衛生責任者の届出をしなければいけません。

食品衛生責任者になるには、各都道府県で実施されている講習会を受講する必要があります。

受講費は1万円程度、講習期間は通常1日です。

食品衛生の入門に適した講習なので、食品に関わる仕事をする人にとっては必要な知識が学べるはずです。

講習後に交付される修了証書が受講の証明書となり、その後自治体に申請することで食品衛生責任者として任命されます。

具体的な業務としては、
●設備の点検、不衛生箇所の是正
●従業員の健康管理
●衛生管理表の作成(手洗い、清掃、冷蔵庫温度のチェック表など)
●食材の管理とチェック(加熱温度や保管場所など)
など、店内の衛生管理がきちんとなされているか管理・指導する責任を担います。

■防火管理者

消防法に基づき、収容人員が30人以上の店舗は選任する必要がある資格です。

延床面積300平米以上の場合は甲種防火管理者、300平米未満の場合は乙種防火管理者を選任しなければいけません。

まずは各地の消防署などで実施されている講習会を受講します。

受講費はテキスト代として3000円~5000円程度、講習期間は通常、甲種2日・乙種1日です。

主な業務は、
●消防計画の作成
●消防用設備等の点検・整備
●火気の使用または取り扱いに関する監督
●避難または防火管理上必要な構造(階段・通路等)および設備(防火戸等)の維持管理
●収容人員の管理
●その他防火管理上必要な業務
などです。

実際の点検作業や補修工事などを行える資格ではありませんが、防火的な作業を経営者や所有者に代わって行うため、店長など管理職が選任されることが理想です。

■その他、取得すると役立つ資格

●調理師免許
誤解されている方も多いとは思いますが、調理師免許がなくても居酒屋で調理はできますし、実際の店舗運営にも問題ありません。

ですが、専門的な知識と技術を得るためにも調理師免許があるとお店のこれからに役立つでしょう。

免許を取得するためには調理師養成施設を修了すること、もしくは給食施設や飲食店などで調理業務に2年以上従事し、各自治体が行う調理師試験に合格する必要があります。

調理師免許を持っている人は、食品衛生責任者講習を受けなくても、自治体への申請だけで食品衛生責任者になれます。

●きき酒師
日本酒の知識はもちろん、お酒の楽しみ方を広く提供する専門家として活躍できます。

酒屋さんだけでなく、日本酒好きが高じて趣味で資格をとる人も多いほどなので、お酒を扱う居酒屋で働く者として、まずは勉強してみるのもいいかもしれません。

資格認定のためには、民間団体である日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が主催する講義を受け、その後の試験に合格する必要があります。

受験資格はもちろん、満20歳以上の方です。お客様にあったお酒の勧め方や保存方法なども知ることができ、ワンランク上のサービスができることでしょう。

実際のところ、居酒屋運営に必要な資格は2つだけ。

しかし、多くのお客様に喜ばれる居酒屋で在り続けるためには、そこで働く社員が専門的な知識と間違いのない技術、幅広い経験を積み上げていくことも大事ではないでしょうか。

目標は高く、確実にがんばってください!

<総合求人サイト e-ARPAでお仕事探し>

札幌 兵庫 岡山 福山 広島 山口 鳥取 島根 香川 愛媛 徳島 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島